HOME>トピックス>40代50代によく見られる症状に悩む方必見

関係する成分

40代から50代の閉経を間近に控えた年代の女性によく見られる症状に、更年期障害と呼ばれるものがあります。更年期障害とは具体的には、精神神経系の症状、血管運動神経系の症状、皮膚や分泌系の症状、消化器系の症状、運動器官系の症状、泌尿器生殖器系の症状など多岐に渡り、多くの方が悩まされています。この様々な症状を引き起こす更年期障害は、エクオールと言う成分が密接に関係しています。

働きが弱まる事で起こる諸症状

エクオールとは、エストロゲンと似た働きをする成分で、男性ホルモンの働きを抑えホルモンバランスを整える役割を果たします。閉経前後の女性ホルモンの減少と男性ホルモンの増加によって起こる、更年期障害の諸症状はエクオールの働きの弱まりによって起こると言う訳です。

症状を和らげる方法

更年期障害の諸症状を和らげるのに必要なエクオールは、大豆に含まれるポリフェノール、大豆イソフラボンの中のダイゼインが腸内で代謝される事によって、生成されます。エクオールを生成するためには、積極的に大豆製品を摂取するか、サプリや医薬品で補うなどの方法があります。

サプリや医薬品の使用

更年期障害の諸症状改善の為、エクオールを補う場合に使用するサプリや医薬品は、需要の高まりに応えるべく市場に多種多様の商品が出回っています。費用の相場としては、リーズナブルな物であれば一日当たり100円ほどから購入可能となっており、エクオール以外の有効成分を含んでいる商品も数多くあります。決して高額な商品ではないので、更年期障害に悩む方は試す価値はあると言えます。

広告募集中